ホーム > お知らせ > 特定保健指導〜利用者さまの声〜

特定保健指導〜利用者さまの声〜

2020/02/04

皆さま、おはようございますsmiley

 

昨日は節分でしたね。

近くの神社では今年も豆まき式が行わていましたenlightened

 

 

私も家族の無病息災を願い、手巻き寿司を作り、

豆を食べて過ごしましたyes

 

 

子供の頃は『鬼は〜外!福は〜内!』と、

豆を投げていましたが、

 

場所によっては、『鬼は〜外!』は唱えず、鬼も迎え入れて改心させる意味で

『福は〜内!』のみを繰り返すのが慣例だそうです。devil

 

 

令和初めての節分。

皆さんはどのように過ごされましたか?angel

 

 

 

さて、早速ですが先日の特定保健指導中の

利用者さまの声をお届けしますsmiley

 

 

特定保健指導を受けられる方の中には前向きな方はもちろん、

少し抵抗がある方もおられます。


自分の生活に口を出されるのは嫌だ!とsad思われる方もいらっしゃいますよね。

 

今回お話するAさん(仮名)は男性、60代後半の方でした。

 

初回面談時・・・

frown「とにかく体重を落とすために野菜中心で食べています!

   ご飯もほとんど食べません。

   肉も食べたら太る気がするし・・・

   体重が増えることがストレスです。」

 

と言われていました。

 

野菜=健康 のイコールが思い浮かぶ方は多いですが、

ご飯=健康、肉=健康 と繋がる方はまだまだ少ないようです。

 

しかしよくよく話を聞いてみると、

sad「運動は体力がないからできないよ〜。

   すぐ疲れてしまいます。」

 

と言われていました。

顔色を見ると少し暗い気もします。

 

 

野菜は身体にとっても良いですが、

やはり基本はタンパク質ですよね。

 

タンパク質は、様々な栄養素を身体に

運んでくれるトラックの役割を担います。

 

つまりタンパク質が少ないと必要な栄養素を

身体に運びにくくなります。

 

タンパク質を多く含む食品は卵や肉、魚に多いですが、

ご飯にももちろん含まれている重要な栄養素です。

 

体重の数値に重点を置いてしまうと、知らず知らずのうちに

身体の筋肉を維持できず、体力の減退を感じている方も少なくはありません。

 

 

体重をある程度コントロールすることは大切ですが、

一番は、筋肉を維持し→身体の代謝をあげ→脂肪を燃やすことです。

 

Aさんにはタンパク質の重要性についてお話をさせていただき、

目標には『①タンパク質を食べることを増やす』と書かれていました。

 

 

 

そして3ヶ月後・・・

Aさんの最終面談が行われました。

 

するとAさん、開口一番に

laugh「タンパク質を摂るようになり、体調が良いです!

   運動も始めました!」

と言われたのです。

その表情は前回よりも和らいでおられました。

 

タンパク質を摂るようになり、運動を始められたことで

筋肉が増え、身体は以前よりも引き締まりました。

結果、腹囲はー2cmほどの減少がみられました。

 

最後のアンケートでは、

smiley「タンパク質の重要性が分かりました。

   継続していきます。」

と書いて帰られました。

 

 

 

 

生活を変えることは難しいかもしれません。

しかし、生活習慣を見直すことでAさんのように改善がみられることもあります。

 

まずは健康の一歩として、特定保健指導を

ご利用してみてはいかがでしょうかsmileyyes

 

 

グリーンリィーフでは協会けんぽの被扶養者(ご家族)向け

特定保健指導も行なっております。

 

 

 

皆さまからのお問い合わせ、

お待ちしておりますsmileyenlightened

 

 

 

株式会社グリーンリィーフ

管理栄養士 岩井陽香

 

 

 

最近のお知らせ

2020/04/21
免疫力を考える時

2020/02/14
分子栄養学について

2020/02/04
特定保健指導〜利用者さまの声〜

2020/01/06
新年のご挨拶

2019/11/15
世界糖尿病デー

アーカイブ

2020 / 5(0)

2020 / 4(0)

2020 / 3(0)

2020 / 2(0)

2020 / 1(0)

▼2019(0)

▼2018(1)